ホノルル

年に1度のオアフ島ホノルルでの楽しみ方

はじめに

家族三人の我が家は年に1度必ずオアフ島のホノルルへ行きます。

時期は毎年12月なのでホノルルの町はクリスマスで一色の大変町が華やかな季節です。

オアフ島のホノルルに魅力に取り付かれて毎年必ず訪れるようになってから早10年以上が経過していますが、最初の1~2年はオアフ島内の観光もしておりましが、3年目からはオアフ島のホノルル近辺でのんびり過ごすようになりました。

我が家のオアフ島ホノルルでの楽しみ方を紹介したいと思います。

まずは「アラモアナショッピングセンター」へいこう

ホノルルに到着するのは毎年午前中です。

ホテルのチェックインが出来るまでの数時間を過ごすのは、まずはアラモアナショッピングセンターへ向かいます。

我が家がホノルルに着いた日の1食目を食べるのはアラモアナショッピングセンターのニーマンマーカス内にある(マリポサ)というレストランでご飯を食べます。

マリポサはハワイ感が前面に出ているテラスもあって海も見えるレストランです。

シュークリームの皮をパンとして出してくれるのですが、シュー生地のパンを一口ほおばると途端にハワイへ来た感で一杯になります。

食事の後は少しショッピングセンター内をブラブラしてからホテルへ向かいます。

夜はテイクアウト出来るお店で骨付きカルビプレートでお弁当を購入して部屋のラナイでビールを呑みながらハワイへ来た喜びを噛み締めます。

ハワイ名物「ロミロミマッサージ」を体験しよう

ホノルル二日目の朝は少し早起きして、ホテル内のプログラムメニューに参加する事が多いです。(ホテルごとにヨガやフラの簡単なプログラムがありますので、前日の気分で予約します)

朝食は海沿いホテルアウトリガー内にあるショアバートでモーニングをします。

このお店は絶対に外せません。

毎年ショアバードのTシャツも購入して帰ります。

午後はホテルのプールで日ごろの疲れを取ったりします。

夕方はロミロミマッサージの予約を入れて夕飯前に向かいます。

夕飯は毎年必ず行く、田中オブ東京で鉄板焼きを食べます。

毎年飽きることなく鉄板捌きをみて盛り上がります。

食後は中心地まで歩いて免税店を冷やかしに行きます。

冷やかしにいくつもりが毎年どっぷりと買い物をしてしまいます。

買い物後はホテルへ。

ラナイにて乾杯です。

ハワイはグルメ大国「ビュッフェ」を楽しもう

あっと言う間の最終日は、モーニングはモアナサーフライダーへビッフェを食べに行きます。

最終日は少し贅沢するので朝夕とホテル内で少し豪華な食事です。

午後はお土産や自分のものを購入しにアラモアナへ向かいます。

ランチは簡単にフードコート内で済ませてひたすらお買い物デーとします。

夜は一度ホテルへ戻り身支度をして、ハレクラ二ホテル内にあるラメールで最後の晩を楽しむことが多いです。

ディナーの後はハレクラ二で毎日やっているフラをカクテルを飲ながら楽しんで、ホテルへ戻り最後の日をラナイで乾杯して閉めます。

まとめ

毎年特にこれといったことをしないホノルルでの過ごし方は我が家にとっては特別な日々です。

毎年必ず行くホノルルではあえてないもしないで過ごすことが最高の贅沢です。

関連記事

  1. ハワイ有数の魅力!!サンドバーについての5つのことを教えます
  2. ハワイと言えばホノルルではないでしょうか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP